新着情報

◆2015/11/12
生理以外でも出血する場合があるアイピルを新規投稿しました。
◆2015/11/12
信頼できる業者で安全なアイピルを購入しようを新規投稿しました。
◆2015/11/12
手元に1錠を携帯しておくことで安心するアイピルを新規投稿しました。
◆2015/11/12
早い時間の服用で効果を倍増させるアイピルを新規投稿しました。
◆2015/11/12
副作用が少ないため幅広く利用されているアイピルを新規投稿しました。
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

生理以外でも出血する場合があるアイピル

no_image

服用後、避妊に成功した場合は生理がありますが、それ以外でも出血することがあります。どのようなものがあるのか、確認しておき

信頼できる業者で安全なアイピルを購入しよう

no_image

アフターピルとして効果の高いアイピルですが、日本では未認可のピルであるため、一般の薬局で入手することはできません。したが

手元に1錠を携帯しておくことで安心するアイピル

no_image

高い避妊を期待するためには72時間以内の服用を勧められているアイピルですが、実はこの時間を越えても効果があります。

副作用が少ないため幅広く利用されているアイピル

Delicious にシェア
StumbleUpon にシェア
Pocket
[`evernote` not found]

近年では、アフターピルは避妊が確実なだけでなく副作用も少ないことから、広く使われるようになってきています。ただ、体質によって何らかの症状が出ることもあります。

服用後に見られる主な症状

かつて主流だったヤッペ法というものよりは軽くなっています。副作用の多くは服用直後、24時間以内にみられるもので、長くても数日でおさまります。

頭痛・吐き気

特に問題なのは吐き気で、アフターピルはすぐに吐いてしまうと効果がありません。吐いてしまった場合は、もう1錠の見直す必要がありますので、なるべく吐かないようにする必要があります。吐き気を抑えるため、食後に服用したり、同時に吐き気止めを飲むなどの対策をしたりしておくと良いでしょう。

胸部の違和感、下腹部の痛み

女性ホルモンの増加により乳腺が刺激され、胸が少し張ったようになることがあります。また、下腹部に生理のような痛みを感じたりすることもあります。

お酒と飲んでも大丈夫です

アルコールとピルを同時に飲んではいけないということはありません。もちろん、吐いてしまっては効果がありませんので、吐くほど泥酔しているときは同時に飲むことはできないでしょうが、アイピルを飲んだ後に飲み会などに参加することは可能です。

Delicious にシェア
StumbleUpon にシェア
Pocket
[`evernote` not found]